【喀痰吸引研修】養成校ならびに実務者研修修了者の受講手続きについて

 介護福祉士法並びに社会福祉士法の改正により、介護福祉士の資格取得にあたり、医学的ケアに関する内容が該当する養成校、並びに平成29年1月から実務経験3年以上に実務者研修修了が義務付けられました。
 このことにより、基本研修の講義50時間と評価試験、演習(たんの吸引・経管栄養)を免除されます。
 当研修機関で名簿管理を行うにあたり、当研修機関にて基本研修、実地研修を修了した方については、研修受講に関連する書類(受講した講義日程表、評価試験の実施状況、演習における指導看護師の評価表)を保管し、山形県担当者の指導を受け、名簿管理を実施しています。 

 また各養成校卒業者及び、各実務者研修を修了した方については、基本研修(講義50時間、演習終了)の修了証明書の提出が必要となります。
 なお実地研修を実施するための必要な提出書類につきましては、別紙「喀痰吸引等研修申込書(基本研修修了者用)」に記載の必要書類のとおりとなります。

ダウンロード→ 別紙「喀痰吸引等研修申込書(基本研修修了者用)」

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。