ふっとふりカエル介護エピソード大募集

【エピソード募集のご案内】

 日頃より当会の事業推進についてご協力を賜り心より御礼申し上げます。
 さて、新型コロナウイルス感染症対策に関し、6月19日から全国を対象として都道府県をまたぐ移動が緩和され、社会経済活動が再開される状況となりましたが、施設では検温やアルコール消毒などの感染予防対策、面会制限下にある入所者の方やそのご家族の心情に配慮した業務、デイサービス利用者の方の送迎やフロアでの三密対策等など、精神的肉体的に負担が増しており、日々、緊張感を持ちながらご尽力をされていることと存じます。
 そこでこの度、職員の皆様が様々なことを振り返り、自己を見つめなおすことで、不安解消やストレス軽減の一助になりますよう「ふっとふりカエル介護エピソード」を募集することとなりました。
 なお、応募されたエピソードは当会ホームページやソーシャルメディアに掲載させていただく予定であり、また些少ではございますが、選考により各賞に選ばれた方には賞品等もご用意いたしておりますので、貴施設職員の皆様にご周知下さいますようお願い申し上げますとともに、ご応募を心よりお待ちしております。

一般社団法人山形県老人福祉施設協議会
会 長    峯田 幸悦
養護部会長  森  直也
特養部会長  皆川 善典
デイサービスセンター部会長  砂押 哲也


【応募資格】
山形県老人福祉施設協議会会員施設職員の方

【募集内容(テーマ)】

介護の仕事を選んで良かったと思ったエピソード・介護の仕事を長く続けてこられた自分なりの工夫や思いなど・介護の仕事での失敗談など(実践できなかったことや見直したいことなど)

応募受付期間】2020年6月29日(月)~2020年8月7日(金)

【応募についての注意事項】

  • 応募作品の編集・出版権を含む著作権のすべては山形県老人福祉施設協議会に帰属するものとします。
  • 応募作品は、県個人情報保護条例に基づき慎重に取り扱い、「ふっとふりカエル介護エピソード」の募集に関する連絡・表彰事務にのみ使用します
  • 応募作品は、一般社団法人山形県老人福祉施設協議会のホームページやソーシャルメディアに掲載するなどして、使用することがあり、応募者は応募の時点で作品を公表することに同意したものとみなします。
  • 応募者本人が作成した文書でないもの、第三者の著作権を侵害するもの、またはその恐れがあるものは応募できません。

【選考方法】

  • 選考は当会選考委員会が行い、選考経緯の公表・開示はいたしません。

【選考委員会】

  • 峯田 幸悦(一般社団法人山形県老人福祉施設協議会 会長)

  • 森 直也(一般社団法人山形県老人福祉施設協議会 副会長兼養護部会長)

  • 皆川 善典(一般社団法人山形県老人福祉施設協議会 副会長兼特養部会長)

  • 砂押 哲也(一般社団法人山形県老人福祉施設協議会 副会長兼デイ部会長)

  • 橋本 美香(東北文教大学人間福祉学科長)※特別選考委員

 【表彰/副賞】

〈峯田会長賞〉1作品・賞金2万円

〈森養護部会長賞〉〈皆川特養部会長賞〉〈砂押デイ部会長賞〉各1作品・ 各賞金1万円

〈橋本教授特別賞〉1作品・賞金1万円

〈山形県老施協賛助会員賞〉オーリンク株式会社賞・日本トリム株式会社賞・カメイ株式会社山形支店賞等

【選考結果】

  • 山形県老人福祉施設協議会ホームページ上で発表(R2年9月上旬を予定)

【応募様式および方法】

1.メールによる応募

  • 応募様式はword形式・A4サイズ・横書き・フォントサイズ12ptにて400~2400字以内(※手書きは不可)にて作成し、件名:「ふっとふりカエル応募」と明記のうえメールに添付して応募して下さい。
    応募および記入様式(word)→ ダウンロード

  • 写真添付の場合は3枚(6MB以内)まで添付することができます。
  • 応募先e-mail アドレス→ assist@scws.yamagata.jp

2.Webからの応募(下記のフォームへ入力)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。